アジ

刺身が好きだ。中でも、俺が好きなのは、ハマチと甘エビ、アジなのだけど、第一位を決めろと言われたら困るな。まぁ、でも僅差でアジかな。
 
アジの刺身には、生姜とネギを全体にまぶして、醤油をさっと回しかけてから頂くのがベストだろう。
 
俺がよく行く朝市に、魚屋さんが来ている。軽トラの荷台に、その日の朝に仕入れてきたばかりの新鮮な魚介類が並べられていて、顔見知りになってからは、安くしてくれたり、サービスしてくれたりする。
 
 
その日も朝市に行った俺は、まず最初に魚屋を覘いてみた。活きの良さそうな大きなアジが並んでいたので、おっちゃんに無理を言って五匹おろしてもらうことにした。魚屋は盛況で、とても忙しそうにしていたので、一匹たった300円のアジをおろしてもらうなんて頼みにくかったのだが、これも馴染み客になった強みだろう。
 
その日の朝市では、友人とも合流し、楽しくゆっくりごはんを食べてから、再び魚屋に寄る。三枚におろしてもらったアジと一緒に、カツオのたたきと鮭の切り身も買って帰ることにした。家に帰ってから、妻に生姜とネギがあるかどうかを確認する。よし。ビールも買ったし、今夜は、ゴーセーに刺身食うぞー。と、妻に向かって声高々と宣言する。
 

 

六月中旬を過ぎたというのに、なかなか梅雨入りしない近畿地方の涼しい休日は、それはそれは有意義に過ぎて行き、気が付くとあっという間に夕方になっていた。有意義に過ごせたのも、冷えたビールとアジの刺身が俺を待っているからだ。もとい、アジを待っているのは俺だ。しかしこの際、片思いでも一向に構わない。俺は、アジ刺に恋焦がれている。

 
ビールとグラスを用意して、食卓に着く俺。子供たちがキッチンから運んできてくれた皿々を見回すと、なにやら様子がおかしい。アジの刺身が少ししか皿に盛られてないのだ。大きなアジを五匹もおろしてもらったはずなのだが、どう見ても1.5匹分くらいしか並んでない。
 
 
 
「あれ?アジって、これだけしか入ってなかったの?」
 
 
 
聞くとキッチンにいる妻から、信じられない答えが返ってきた。
 
 
 
「あぁ、他にもいっぱいあったから、アジは煮付けにしちゃった。ほら、そっちのほうにあるでしょうよ。」
 
 
 
新玉ねぎのスライスの上にカツオの叩きが盛られた大皿の横には、ぽってりと煮付けられたアジが積み重ねられた中皿が置いてあった....。俺は、星飛雄馬の親父級に机をひっくり返したくなる衝動を抑えるのを我慢した。
 
巨人の星コンプリートBOX Vol.1 [DVD]

巨人の星コンプリートBOX Vol.1 [DVD]

 

…ハァハアハァ。と、かろうじて、机をひっくり返すのだけは止めることができたが、ため息が止まらない。刺身にしたらさぞかし美味かったであろう切り身のその姿のままに、生姜と醤油で煮付けられたアジを俺は正視できなかった。切なかった。煮崩れしていないアジは、落し蓋をした上で、しっかりと煮付けられたんだろうなということが一目で分かった。ヤケクソ気味に、一切れ食べてみると、あまりの旨さに、更に絶望したのであった。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
魚屋のおっちゃんよ、本当にすまなかった。
 
 

髪質

長らく続けていた丸坊主をやめて、髪を伸ばしだしてから約二年が経つが、俺の髪質は、赤子のように細くて柔らかいため、ぺちゃんこになりがちで困る。ワックスなどをつけても、きっちりまとまる髪質ではないので、(そもそも髪のセットには、それほど時間をかけないのだけれど、)ボリュームを出すのにいつも苦労する。
(ここで、声を大にして言っておきたい、、、もとい、文字を太くして書いておきたいのは、決して加齢による薄毛でボリュームがないのではない!俺の生まれながらの髪質のためだということだ!!)
 
しかし、美容室で髪をフワッとしてくれるときによく使う、豚毛でできたロールブラシを試しに買ってみてから、自分でも簡単にフワッとさせることができるようになった。

f:id:themegane3:20190605152212j:plain

 

こんなことならもっと早く買っとくんだったと感動している今日この頃、、、、気が付くと、もう六月だ。天気のいい日が続いているけど、じきに梅雨入りしてしまうのだろう。湿気が多いと、せっかくフワッとさせてても、すぐに髪がぺちゃんこになっちゃうんだよね。
 
 
 
さて今朝、キッチンに立つ妻が、高3になる長男に向かって急に言い出した。
「あれ?あんたの方が、お父さんより背が高なっとんとちゃうの?ちょっと並んでみてみ!」
昔から、俺は背が低い方だし、二人いる息子たちには、いつか追い越されるものだと思っている。第一、男は外見よりも中身が大事なのだし、別に背の高さごときで競うつもりなんてないのだけれど、長男がものすんごいニヤニヤしながら、俺の隣りに並んできたので、少しイラッとした。こんなしょうもないことをケシかける妻も妻なのだが、やれやれと仕方なくどちらの背が高いのか、小4の娘に審査してもらったところ、まだ、俺の方が高かった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
勝てると思ったかこのチビ野郎め百年早いわ思い知れバーカバーカさっさと飯食って学校行きやがれいっ!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・・・ふう。ほんと買っててよかった。
今日は、起きてすぐロールブラシでフワッとボリュームアップさせといたので、なんとか面子を保つことができたぜ。

競争

仕事から帰ってきて、玄関の鍵穴に鍵を差し込んでいると、屋内からドタバタと音が聞こえてくる。息子二人と娘が、我先にと階段を駆け下りてくる音だ。


「今日お父さんの横、誰ですかっ?」


玄関の扉を開けるなり、三人の子供の叫び声が戸外に飛び出してくる。


いつの頃からか我が家では、食事前にお父さん(つまり俺)の顔を見ながら、「今日お父さんの横、誰ですかっ?」と、一番最初に俺に聞いた子が、俺の隣りに座ってご飯を食べることができるというルールができていた。誰よりも早く言うことがポイントだが、「ちゃんと顔を見ながら」ということと、「噛まずに、はっきり聞き取れるように」言うことが勝敗のポイントだった。三人の競争心は、徐々にヒートアップしていき、終いには冒頭のように、俺が鍵穴に鍵を差し込むだけですぐさま反応して、笑顔で飛びついてきてくれるようになっていた。


朝に夕に、このような光景が繰り広げられていた。その度に俺の心は癒され、お父さん冥利につき、美味い酒が飲めていたのであった。

 

ほんの2〜3年前までは、、、


「今日お父さんの横、誰ですかっ?」


ここ最近、このセリフを言ってくれるのは、次男だけになった。別に聞かなくても、俺の横に座ることはできるのだ。なぜなら、そこには競争がないからだ。それでも、真面目な次男は、朝に夕に、聞いてくれる。


「今日お父さんの横、誰ですかっ?」


人気のなくなってしまったお父さんに気を使ってくれているのだろうか、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って、オイ!誰が人気ないねんっっっっ!!!



 

 

 

おわり

サーフィン

双子の兄がドラムを叩いているサーフロックのバンドを観に行ってから、Jack JohnsonやALO、Ben Harperなどのアルバムを買い漁っている。こんなにカッコいい音楽を、これまで知らずに生きてきたことを悔やむと同時に、いっぺんにこんなにたくさんの優れたアルバムに囲まれる幸せを噛み締めている今日この頃なのである。

 

昨夜も、サーフロックのサウンドに包まれたくて、兄のバンドを見に行ってきたのだが、MCで兄が、サーフィンをしてから作った音階がどーだの、西海岸の乾いたスネアの音がどーだの言っていた。


おいおい、兄はサーフィンをしたことがなかったはずだ。西海岸に行ったという話も聞いたことがない。まぁ、俺も行ったことないけど、サーフィンならやったことがあるので、サーフロックのことは兄よりも俺の方が、分かりみが深いのではないだろうか。サーフロックの魅力とは、サーフィンをした後に、海辺でギターを奏でて、ゆる〜い感じで作られたメロディが絶妙であり、また西海岸の気候によって、スネアドラムの乾いた音が最高で、これは日本のスタジオでは出せない音なのである。えっへん。

 

 


さて、サーフィンといえば、俺の友人でサーフィンを会議室で教えている変わり者のMちゃんがいる。Mちゃんはサーフィンのブログを書いていたことをきっかけに、中級以上の伸び悩んでいるサーファーを対象にした、座学を開くまでになったのだ。以前、そのMちゃんにサーフィンを教えてもらうために、高知県まで一緒に行ったのだが、残念ながら波がなく、Mちゃんは完全に拗ねてしまっていた。しかし、俺はその日を境にMちゃんに対して、ある疑惑を抱いている。


Mちゃんは、ほんとにサーフィンができるのだろうか?この日、俺は、Mちゃんのテクニックを盗もうと、チラチラと見ていたのだが、一度としてMちゃんが波に乗っている姿を見ることがなかったのだった。波は、確かに小さかった。それでも、サーフィンをするのが、人生で二度目の俺でも、一回だけ小さい波を摑まえることができたのだ。ベテランなら、波のせいにせず、もうちょっとなんとかすることができたのではないだろうか。


SNSで、Mちゃんがカッコよく波に乗っている写真を見たことがあるけど、きっとあれは、アイコラだ。フォトショ使ったらそれくらいの加工はなんでもないもんな。試しに、「Mちゃん、Jack  Johnson聴いたことある?」と聞いてみたら、「昔CD持ってた気がするけど、どっかいってもうた。」と愛想なく答え、「あいみょん、ええよな。」とか、50過ぎたおっさんのくせにキラキラした目で言ってた。やはり、陸サーファーへの疑念が拭えない。もはやこれは、Mちゃんよりも、俺の方がサーフィンへの分かりみが深いと言ってしまってもいいだろう。

 

 


中級以上の伸び悩んでいるサーファーがいたら、相談に乗ってあげることにしようと思っている。

 

♪「Girl, I Wanna Lay You Down」ALO(Animal_Liberation_Orchestra) feat. Jack  Johnson

 

 

おわり

 

桜餅のポテンシャル

桜餅ってすごない?まずは、その塩っけと甘みのハーモニーに脱帽だわ。そして、これまた色合いがいい。大人の色気すら感じる。んでもって、葉っぱごと食べれるってすごない?小さい頃、柏餅と桜餅のどっちが葉っぱを食べれるのか分からなくて、混乱した記憶があるわ。ただただ、かどわかされるわ。でも、翻弄されて、もて遊ばれてもいい。んもう、好き。

 

f:id:themegane3:20190418225606j:image

せっかち

せっかちだ。せっかちすぎて時々、自分でも嫌になる。

 

合気会の稽古が終わり、駐車場に向かう途中、武道館の下駄箱で、ポケットに入っているはずの鍵がないことに気付く……はい、この時点でかなりせっかちだ。武道館から駐車場まで、100m以上離れている。鍵なんて、車の手前で取り出せばいいものを、せっかちな俺は、このように早々と探し始めてしまうのだ。


鍵は、いつもズボンの右のポケットに入れることにしているのだけど、その日はなぜかそこに入ってなかった。たまに、上着の右ポケットに入れることもあるので、上着の右ポケットを探してみるが入ってない。さては左か?と、(そのとき、左手には大きめのカバンを持っていたので、)右手を伸ばして左側のポケットを探るが見つからないので、少し焦りだす。しかし、右手で、左側のポケットに手を伸ばしているので、ひょっとしたらまだ触れてない部分があるのではないかと思い、左手に持っていたカバンを下駄箱のスノコの上に置いた。そのとたん、ジャランジャランという音とともに鍵がでてきた。

 

 

すべての謎は解けた。

 

 

なんてことはない。鍵は、カバンと一緒に左手に握られていたのだ。つまり、更衣室で、俺は鍵を取り出して、カバンと一緒に鍵を左手に持ち、車の鍵を開ける準備をしていたことになる。これは、いくらなんでもせっかちが過ぎるではないか。年をとるとともに、せっかちさは加速していき、新生されたせっかちな俺が、かつてのせっかちな俺を追い越してしまっているのだ。

 

 

 

 

そのうちに俺は、常に車の鍵を手に持ちっぱなしにするかもしれない。きっと、電車に乗っても、手に切符を持ちっぱなしにするだろう。食事に行ってオーダーしたら、ナイフとフォークを持ちっぱなしのまま料理が出てくるのを待つことになるだろうし、ボーリングに行ったらずっとボールを持ちっぱなしになり、カラオケに行ったらマイクを離さないだろう。そして、妻の誕生日には、薔薇の花束を持ちっぱなしになるに違いない。サプライズのつもりだったというのに。なんてことだ。

 

いつかやってくるかもしれない末娘の結婚式では、泣きっぱなしになるだろうし、年老いてきた仲間たちとの集いでは、病気の話ばかりをしっぱなしになるのだ。グランドゴルフ場は、予約しっぱなしになるだろうし、入れ歯は外しっぱなしになるし、「めひはまだはいの?(飯はまだかいの?)」と言いっぱなしになって、徘徊しっぱなしになるだろう。もちろん、手には家の鍵を持ちっぱなしだ。ジャランジャラン。

 

待ちに待った念願の娘の子、つまり孫は、甘やかしっぱなしになるだろうし、孫の紙オムツも俺の紙オムツもつけっぱなしだ。

 

その頃になるともう、時が過ぎるのは恐ろしく早く、あっという間にやってきた孫の結婚式の披露宴では、ナイフとフォークを持ちっぱなしの泣きっぱなしの病気の話をしっぱなしだ。俺は、マイクを離さず、大泉逸郎の『孫』を歌いっぱなしになるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

それでも毎年、妻の誕生日には、サプライズの薔薇の花束を持ちっぱなしのまま徘徊するだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつの間にかたどり着いた妻の眠る墓の前で、俺はきっとこう言うのだ……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「めひはまだはいの?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャランジャラン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おひまい

 

 

 

計算問題

タカシ君は、チェンソーを分解するためにトルクスレンチという特殊な工具(a)が必要になったので、以前から欲しかった自転車のフレンチバルブ用のエアチャック(b)と一緒に、モノタロウで注文することにしました。

 

モノタロウでは、税抜き3,000円以上の購入で、送料が無料になりますが、(a)と(b)の二つ合わせても2,980円だったので、それほど欲しくもない120円の油性マーカー(c)を買い物カゴに入れました。急いでいたので、(c)は適当に決めた品物でした。

f:id:themegane3:20190208081017j:image

(a)トルクスレンチ[27インチ] 1,490円

 

 

f:id:themegane3:20190208112427j:image

(b)エアチャック 1,490円

 

 

f:id:themegane3:20190208081026j:image

(c)油性マーカー[黒] 120円

 


タカシ君が、(a)〜(c)の品物を注文した翌日、さっそくモノタロウから荷物が届いたので、開封してみると、(a)と(b)が入っていました。

 

f:id:themegane3:20190208112440j:image

 

タカシ君は、あれ?おかしいな?と思いましたが、その翌々日になって、(c)だけが梱包された荷物が届いたのです。

 

 

f:id:themegane3:20190208112451j:image

 


さて、ここで問題です……。

 

 

 

 

 

 

 


モノタロウさんよ。たった3,000円ぽっちの発注に対して、二回分の送料を無料にしておいて、あんたの儲けは、いくらあるんだね?いや、ないよね?モノタロウさんいったい、いくら損したんだね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タカシ君は、モノタロウさんの負担やその気持ちを考えると、とても切なくなってきましたとさ。

 

 

 

 

 

 

 

 おしまい