フィーリング

小学二年生になる甥っ子が、俺に全然なついてこない。子供も子供なりにフィーリングの合わない相手がいるだろうと思うので、俺にとっては、なつくか、なつかないかなんて別にどうでもいいのだけど、義妹にとっては気に病むことのひとつのようだ。

 

「二人のことを探偵ナイトスクープに依頼しようかと思っている。」

 

先日、いきなり義妹にそう切り出されてギョッとした。探偵ナイトスクープは、毎週録画予約して見るほど俺の好きな番組なのだが、自分が番組の標的となるのは絶対に嫌だ。例え、その依頼内容が、長年俺に想いを寄せてくれている異性からの愛の告白だったとしても嫌だ。俺は、皆が思っているよりもシャイで内気で人見知りで自意識過剰なのだ。何が何でも勘弁してもらいたいので、甥っ子と俺の二人の距離は意外と縮まってきているのだよというエピソードを教えて、義妹を安心させてあげた。

 

それは夏休みに、うちの家族とのキャンプに、甥っ子を連れて行ったときのことなのだけど、途中立ち寄った温泉で、風呂上がりに待ち合わせるための和室で俺が寝転んでいると、一人ひょこひょこと甥っ子がやってきてこう言ったのだ。

 

「ねぇねぇターちゃん。アイス買ってよぅ。」

 

いつもなら、俺への警戒心を解こうとしない甥っ子が、目をキラキラさせながらこう言ってきたのだ。平静を装いながら、俺は心の中で泣いた。はっきり言って、俺はとても嬉しかったのだ。

 

「え?そんなん言えるんや?」

 

思わず俺は呟いていた。俺に近づいてきたのが、アイス目的でもいい。子供ってやつは、そうやってぐいぐい無遠慮に膝に乗ってくる感じを出してくれたほうが、絡みやすいのだから……そうだ。いっそ思い切って、俺の膝に乗ってくるがいい。俺は甥っ子に、ニッコリと微笑み返しながらこう答えた。

 

 

 

 

 

 

 

「もう六時過ぎとるからな。晩御飯食べられへんようになるから、こんな時間にアイスなんか食べたらアカン。」

 

 

 

 

ふと視線を感じて、隣りのテーブルを見ると、幼い子供ら二人にアイスクリームを食べさせている家族が座っていた。この距離だと、間違いなく俺の声は丸聞こえだっただろう。夫婦は、気まずそうにこちらをチラチラ見ながら、子供らにアイスを早く食べてしまうように促したが、まだ幼い子供らは口の周りにバニラアイスをまとわりつかせたままで、自分たちの今置かれている状況がピンときていないようだった。溶け始めたアイスが指を伝ってテーブルの上にひとしずく落ちる。

 

 

 

 

 

気が付くと、俺への興味を急速に失ってしまった甥っ子は、どこかへひょこひょこと歩いていってしまっていた。今回、甥っ子と俺との、二人の間の距離を縮めることは、残念ながら叶わなかったのだがとにかく、探偵ナイトスクープへ依頼することだけは、勘弁してもらいたいものである。

 

 

 

 

 

 

 

おわり

 

 

 

長い話

この頃すっかり、ご無沙汰ぶりになってしまっていた方に、ご無沙汰ぶりになってしまっていた理由である首の負傷について話した後に、側にいた次男から「お父さん、話長かったで。」と言われた。

 


俺は、話の長いおっさんにだけはなりたくないと思って、今日まで生きてきたというのに、よりによって俺自身が話の長いおっさんになってしまっていて、しかもそれをうちの家族の中で一番常識的と言われている次男からやんわり指摘されるという大失態を今日犯してしまった。確かに今、脳内リプレイしてみたら俺の話は長かったかもしれない。

 


思わぬことを言われた俺は、20代のフリーターをしていた頃、友達の家へ行ったら、「この世で最高の雑炊を食わしたるわ!」と言われて、俺が参加してない昨夜行われたらしい宴の残り汁で雑炊を作られ、キラキラした目で皿に盛られた時くらいゾッとした。

 


しかし、例えばヒーロー戦隊は、最初から変身して登場した時は必ず負けるけど、時間をかけてキメキメの変身ポーズで出てきた時には必ず勝つというジンクスもあるわけだし、そもそも話が長いかどうかは相手の主観で決まることであって、決して会話に参加していない奴からとやかく言われる筋合いはないと思うのだ。しかも次男には、「従兄弟が遊びに来ているから、早く家に帰りたい。」という、どんな話であっても長く感じる理由もあったわけだから、決して俺だけが悪いわけではない。会話はキャッチボールであり、雑炊には決して知らん奴の唾液を感じたくないのであり、ヒーロー戦隊といえば俺が小学校5年生の時に、仲良し3人組で結成されたオズマーズが最強なのである。

 


……え?ひょっとして俺の話、長い?

目覚まし時計

いつも目覚まし時計が鳴っても、一旦止めてから、学校へ行く寸前まで寝てる長男が、珍しく早い時間帯に起きてきた。しばらくすると、起こす者のいない寝室から目覚まし時計の鳴る音がしてくる。どうやら止めるのを忘れていたようだ。

 


面倒臭そうに目覚まし時計を止めに行った長男が、まったく帰ってこないので、寝室を覗いてみると……スヤスヤと寝息をたてながら眠っているではないか。

 

f:id:themegane3:20180719072949j:image

おいおい、その時計は、止めたら寝るシステムのやつと違うからな。ていうか、そんなシステムないからな。

 

初老

初老だ。体の関節のあちこちは悲鳴を上げているし、この頃なんだか爪や髭の伸び方にも勢いがなくなってきた。なによりも、夜中にトイレに必ず起きてしまう。ええい、言ってしまおう。俺は無呼吸症候群なのだ。

 

知ってる?あの、睡眠中に呼吸が止まってしまうやつだ。んごーっ!んごーーっ!!と軽快にイビキをかいていたかと思うと突然呼吸が止まり、あれ?この人死んだんかな?と心配になったころに、ぶはぁーーーーーっ!!と息を吸いこむやつだ。


そのせいか、ものすごく睡眠が浅くて、ちょっとした物音で目が覚めてしまう。結果、尿意にも敏感になってしまうのだろう。ビール好きなもんだから、夜中の2時くらいには膀胱がパンパンになっていると感じてしまうのだ。俺は眠い目をこすってトイレに立つが、これまた腹が立つことにそんなにたくさんの量が出るわけではない……。

 

おいおい、もっと溜めとけるやろオンドリャーと、自身の膀胱に毒づきながら俺はベットに戻るのだ。このようにして毎日毎日、必ず尿意で目が覚めてしまう。


人は言う。「癖になってるだけなんじゃないの?そのまま寝てしまえばいいじゃない。」と、「いやいや、そうはいかないのだよ。」と俺は答える。なぜなら、尿意を催した時の俺は、トイレを探す夢を見ている。時には学校であったり、知らない街の中であったり、ビルの中であったりするのだけど、夢の中ではトイレが見つからないのだ。必死になって探すがなかなか見つからない。仕方がないので、お風呂でしてしまおうと思って風呂を探していると、(なぜだか)大浴場が見つかる。しかし、たいてい大混みしていて、洗い場でどさくさに紛れてシャーっと済まそうという俺の企みは果たせない。仕方がないので風呂を出て、今度は死角を探す。そうだ。俺には男の専売特許があるではないか。わざわざトイレなんて探す必要はないぞ。と、勇みながらビルとビルの隙間や人のいない場所を探して、満を辞してズボンを下ろすのだが………で、出ないのだっ!うんともすんともまったく出てこない。(まぁ実際のところ、出たらそれはもうオネショをしてしまうってことなのだから困るのだけど。)苦しい。苦しいのだ。出ないのは苦しいぞ。毎日、快便派の俺は、便秘の苦しみはわからないのだけれど、きっと苦しいのだろうなと同情する。


細かいシチュエーションは変わってくるのだが、これが、ほぼ毎晩繰り返されている俺の夢だ。(最初にあっさりとトイレが見つかる場合もあるが、例によってまったく出ない。)夢にうなされて目が覚めて、重たい目をこすりながら俺はトイレに向かうのだ。ちなみに2時の次は5時ごろに目が覚めてしまう。もちろん同じような夢にうなされ、すでに膀胱はパンパンだ。

 

 

俺が早起きなのはそのせいなのである。早起きしたくて早起きしているのではない。

 


ハァ、週に一度、いや月に一度でもいいから朝までゆっくりぐっすりトコトン心ゆくまで眠ってみたい。

 

 

 

 

 

 

 

さて、しょろしょろ終わるとするかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初老だけにダジャレで締めてみた。

 

 

 

 

 

 

おわり

ガチムチ2

学生の頃、テニス部だった俺だというのに、細い身体に白い短パンが似合っていた俺だというのに、テニスコートに吹く爽やかな風に前髪がなびいていた俺だというのに、こないだ合気道の後輩から、「ジョーさんって野球部出身っぽいですよね。」と言われた。

 

 

 

 

心外だ。

 

 

 

 

 

 

はい、現場からは以上です。