眼鏡のソムリエ

お気に入りの眼鏡に、そろそろ買い替えの時期がやって来ている。そこで四年ぶりに、高松市の眼鏡屋augen optik(元藤澤眼鏡店)へやって来た。実は十八年前から、眼鏡を買うときはここで買うと決めて通っている。

 

店内をぐるりと回りながら、二つほど手に取ってみたものの、今回はどんな眼鏡にしようというビジョンも何もないまま途方にくれていると、店員さんが静かに近づいて来た。俺は、「待ってました!」と、心の中でソッと呟く。

 

美しくレイアウトされた数ある眼鏡の中から、「これなんてどうですか?」と、次々と差し出してくる眼鏡はどれも素敵で、まるで俺にかけられることを待っていたかのように思えてくる。そして、俺の好みを知りつくしているかのようなプレゼンをしてくる店員さんは、もう眼鏡のソムリエのようだ。最終的に三つの眼鏡に絞り込み、店員さんに頼んで店の外に鏡を持ち出し、太陽光線の下で、慎重にそのフォルムや色合いを確かめる。

 

いつもなら比較的、直感だけを頼りにし、手早く買い物を済ませる俺なのだけど、なぜだか眼鏡を選ぶときだけは悩みに悩むのだ。

 

あぁ、もしもaugen optikと出会ってなければ、今頃俺は眼鏡選びのラビリンスに迷い込み、おしゃべりな白うさぎを追いかけて、体が小さくなったり大きくなったりし、動くトランプなどさまざまなキャラクターたちと出会いながら、あちこちの眼鏡屋さんをウロウロするはめになっていたことだろう……って、誰が不思議の国のアリスちゃんやねんっ。

 

ごほんごほん。長いノリツッコミが決まったところでですね。もしも俺と同じように眼鏡選びに苦労している方がおられたら、ぜひ一度augen optikに、足をお運びください。とてもいい眼鏡屋さんです。

 

http://augen-optik.biz/item/

依存性

子供達も寝静まり、撮り溜めていたお笑い番組をダラダラと見ていたら、お風呂を出た妻が、バタバタと慌てた様子で、玄関から外へと出て行った。

 

毎度マンネリな、お笑い芸人のキャスティングにウトウトとしていた僕は、その音と気配に、ハッと目を覚ました。しばらくして外から帰ってきた妻がリビングのソファーに身体を沈めながら、「ハァ〜、すっきりしたぁ〜。」と言うので、「な、何があったん?」と問うた。

 

10年以上前、庭の片隅に植えたワイヤープランツが、あちこちにしつこく根を伸ばしていて、それらをプチプチ引っこ抜くのが気持ちよすぎると言うのだ。妻は、朝に昼に、そして夜にそれらを見つけだしては、繋がった根っこをプチプチ引っこ抜く依存症になってしまっていたのだった。

 

さて、前置きが長くなってしまいましたが、そんなワイヤープランツの根っこをプチプチ引っこ抜く気持ち良さに、かなり近い快感が得られるのが、このmusashi社の開発した “ 除草バイブレーター ” なのです!!一度使い出したら、きっとあなたは、庭の雑草抜きをやめられなくなることでしょう。しかし、ご心配なく!電気式ですので、真夜中でもご近所様に迷惑になることなく、その快感に打ちひしがれることができるのです!!

 

 

 

 

……え?ワイヤープランツの根っこの抜き心地が、イマイチわからん?

 

 

 

 

そ、そんなもんワシも知らんがなっ!!

 

 

快感の除草機 除草バイブレーター(WE-700) - YouTube

合気道の木

私は、合気道の木を登っている。何十人もの大人たちが両手を広げ繋がって、ようやく一周できるくらいに太い太いその木の幹には、どこにも手がかりがなく、最初は登るためにどこへ手や足をかければいいいのか、まるで分らなかった。見上げてみると、複雑に絡み合う枝と生い茂る葉で、果たして私に登ることができるのだろうか?と不安になったが、繰り返し登る練習をしているうちに、だんだんコツをつかんできて、ある程度までは登ることができるようになってくる。何せ、登り方は師が丁寧に教えてくれるのだ。ほどほどに慣れてくると、木の幹から枝分かれして伸びていっている枝の方へ登っていくように師から促される。そこでは肩に力が入りすぎて、どうしても登れなくなってしまったり、力を入れて握ると、枝がポキッと折れてしまったりするが、いつも師は枝の先の方にいて、我慢強く私を導いてくれる。驚いたことに、この木の枝は、どこまでもどこまでも伸びていて、終わりがないのだ。いや、終わりがないというより、枝は今この瞬間も先へ先へと成長し続けているようだ。無我夢中で登っていくと、いつの間にかそこに師はいなくなっている。キョロキョロと見回してみると、(飛び移りでもしたのだろうか、)師はすでに違う枝に移っていて、「こっちへ来なさい。」と、葉と葉の隙間からニコニコ笑いかけているのだ。私は、枝から足を踏み外さないように、ゆっくりと幹の部分まで降りてから、師の登っている枝に足をかける。今度の枝は、やたら樹皮がツルツルしていて、なかなか登ることができない。しかし、見ていると師はこともなげにするすると登っていく。結局私は、その枝にまったく登ることができないままだったが、またいつの間にか、次の枝に移っている師の呼ぶ声が上の方からする。「今度は、こっちだよ。」私は、半分ホッとしながらついていこうとするが、今度の枝には棘があり、注意して登らないとならないので、やたらと時間がかかってしまう。一息ついて、頭上を見上げてみると、気が遠くなるほどに枝は続いているようで、覆い尽くされた葉で先の方までは見えない。下を見てみると、すぐそこに地面があり、思っていたほど登ってきていないことが分かり、気が遠くなると同時にひとつ武者震いをする。そして、またいつものように私の目線の先に師はいなくなっている。しばらく師を探すが、見つけられないでいると、後から登ってきた人が枝にしがみついたまま動けずにいたので、手を貸しながら一緒に登っていく。気づくと、先ほど登ることができなかったツルツルした枝のところにやってきたので、試しに登ってみる。よく見てみると、枝には蔦が絡んでいるのに気づき、それを使いながら登っていくが、いつの間にか蔦がなくなってしまう。どうしようもなくなってしまったので、落ちないように枝にとどまっていると、目の前に師の足が見えた。師が、「目を閉じて登りなさい。」と言うので、思い切って目をつぶり枝を登ると、不思議と足元が安定し登っていくことができた。急に、「さぁ、ご覧なさい。」と師が言うので、目を上げてみると、枝の間から、これまでに見たことのないほどに美しい景色が広がっていた。そして、またしばらくすると、師は隣りの枝に移っていて、するすると枝を登っていく。私は思い切って、枝から枝に飛び移り、師の後をついていく。その枝の向こうに広がる新しい景色を見るために・・・。

美しすぎる合気道家

僕の通う “ ささの葉合気会 ” には、美しすぎる合気道家と囁かれるK乃さんがいる。同じ道場で稽古していると、その美しい袴姿にハッとされられる。昨日の掛かり稽古では3回、このK乃さんと組んだ。掛かり稽古とは、まず師が見せてくれる技の手本の後に、2〜4人くらいのグループに分かれて、交代で技を掛け合う稽古のことだ。

3回とも、K乃さんが僕のところに駆け寄ってきてくれた。入門も早く、級も上で、後輩の面倒見のいい僕のことを慕ってくれている感じの駆け寄り方だ。(妻に話したら、「たまたま近くにおっただけちゃうの?自惚れすぎやで。」と一笑に付されたが、違うのだ!だってK乃さんは一目散に駆け寄って来るし、その目は、キラキラ輝いているのだから!!)

さて、話しは一年ほど前に遡るが、同じく同門の後輩N丘君が、自分より上の級の先輩ばかりを選んで組んでいた時期があった。あまりにもガツガツし過ぎて目に余ったので、僕はN丘君を叱りつけた。N丘君は稽古毎に目をギラギラさせて3回も4回も僕のところへやって来ていたのだ。僕は、なるべくその日の稽古に来ている全員と、満遍なく組みたいと思っているので、N丘君とばかり組んでいると、稽古が終わってから、あぁ今日は◯◯さんと組めなかったなぁということになってしまうのだ。

「おいおい、お前掛かり稽古はもっとバランスよく皆んなと組めよな。なんのための合気道やねん。技を覚えるためだけにやってんじゃねえよ。」

とかなんとか言ったかな?

しかし今となっては、別にいいんじゃないかなー。と思っている。目を三角にして叱るほどのことじゃない。合気道に貪欲でいいよね。なんなら5〜6回駆け寄って来てもええんと違うかなK乃さん。

 

まぁN丘君含むおっさんたちが、いくらキラキラした目で何度も駆け寄って来たとしても、3回目に来た瞬間に一本背負いで投げ飛ばすけどな。

おもろない

最近、合気道にハマりすぎて、まったくブログを更新しなくなってしまっていたのですが、こないだ、文章を書くことの師匠に会ったら「おいタカシ!ブログ書けよな!」と怒られてしまいました。そして、「なんやねん。たまに書いたと思たら、おもろないし。」と続けて言われてしまったのです。

 

お、おもろない?この俺がおもろないだと?

 

くっそう、俺がこの世の中で一番言われたくない言葉だ。悔しい。悔しいけれどこれは、俺が完全に悪い。でもその言葉は、師匠の俺に対する期待値が高いからに違いないと思い直すことにしました。

 

そもそも、どうして最近書いていないのかというと、これまでブログのネタにしていたような、しょうむないことを考えていた時間をほとんどすべて合気道のことを考えることに充ててしまっているのが原因だと、はっきり自覚しているのです。ネタ帳には、ブログ用の小ネタではなく、新しく覚えた合気道の技の手順がひたすらメモられている……3月に昇級審査が控えているということもあるのですが、最近、これまでより技や身体の動かし方への理解が進んできたこともあって、楽しくってしょうがないのです。そして、分かってくると同時に、自分の持っている癖や硬さがなかなかとれないのがもどかしくて、ガムシャラに合気道の稽古をしては、日々頭の中でイメージトレーニングを繰り返しているのです……とか言いながら、また合気道のことばかり考えてしまいました。いかんいかん。今日は合気道のことは抜きにして、Joeシッタカーならではの切り口で、思いっきり書いてやろうと思ってるんですよ。

 

さて何の話をしてやろうか。鉄板の双子ネタか?わー、あるなー。話したいネタがいっぱいあるなー。中学校のテニス部時代の話とかなー。顧問の野々村先生のこととかねー。そういや薪割りの話題もあるなー。俺が指導した宮沢りえちゃんの薪割りCMの反響とかなー。いわゆるアフターりえちゃん問題がねー、あるよねー。

f:id:themegane3:20170226182251j:image

新しいバンドでやったライブの話もあるよねー。最近、めちゃくちゃイラついたあの話もあるしなー。あとバイクの話も溜まってるわなー、今年の俺のエンデューロレースへの意気込みとかあるわー。話題がつきへんわー。そういえば、そもそもバイクを上手くなりたくて合気道を始めたんだよね。身体の使い方が下手くそで、怪我ばかりしていた俺を見た友人に勧められたのがきっかけだったんですよ。

 

最初のうちは、何が何やら分からなかったというのが正直な感想なのですが、続けているうちに少しずつだけど身体がバージョンアップしていくような感覚を感じたんですね。なんといっても合気道は、「できた!」と思った次の瞬間、何も分からなくなってしまうようなことが度々あるのです。つまり、あるひとつの技について手順だけ覚えたところで、更に新しい解釈や別のレイヤーでの身体操法が扉を開けて待っていて、修練の道には終わりがないのです。瞬間的に、「できた!」と思ってもそれは過去の自分にできなかったことができただけで、そこから更にたくさんのできないことが目の前に広がっていくのです。そうなったらもう、合気道の尻尾を掴むのに夢中になっちゃうんですよ。こないだも、稽古が終わったあと、更衣室で一級上の先輩と、道着を脱ぎなが……ハッ!!

 

ごめんなさい。ついつい、合気道の話になってしまいました。今日は合気道のことは忘れて、おおいに語ってやろうじゃあないかという意気込みですよ。もし、俺が部長なら「わははははー、今日は無礼講じゃあー。」って言ってますよ?最初から芋焼酎のロックですよ。酔っぱらって油断して、気安くしてくると、「君のそういうところがだね。」と、くどくど説教が始まるところでしたよ?ったく、良かったよね俺がまだ係長で……そうそう、こないだふと思ったんですよね。「母親である前に一人の女なのよよよよ。」は、ドラマなんかでよく女性が泣き崩れながら使って、同情を誘ったりするんだけど、「父親である前に一人の男やねん。」は使えんよね。どっちの言葉が放たれた場面も、男にとって分が悪いことしか思い浮かばないんだよね。「一人の男やねんねんねん。」と、泣き崩れても誰も同情しないよ。これ読んでる父親諸君は悪いことしちゃダメよ。それにしてもこの頃、俺なんてちょっと悪いこと言ったりしたら、小1の娘にすぐ、「パパ!!先生に言うよ!!!」って言われるんだよね。こないだも、台所に立つ妻の後ろを通りぬけるときに、狭かったもんだから、「ちょっと痩せてもらってもいいかな?」って冗談で言ったら、たちまち娘が飛んできて、「私のママに何てこと言うのよー。絶対に篠原先生に言うからっ!」って怒ってくるんですよ。あ。そうそう、篠原先生ってのは、“ささの葉合気会 合気道道場 神戸(王子)・西宮・尼崎・加古川・芦屋”を主催している俺の合気道の師なんですが、合気道が好きすぎて一年間に900回稽古をしたという記録をもってるんです。すごくないですかこれ。一年は365日しかないんですよ?平均して一日当たり2.5回の稽古をしてるんですから。ところが俺が、「一年間で900回って、すごいですね。」と言うと、先生は「稽古は回数じゃないですよ。」とおっしゃられるんです。例えば100回の稽古を3か月でやるより、100回の稽古を1年以上かけてやったほうが、より身に付くというのです。いやん。先生ったら謙虚やわー。かっこええわー。そういや、俺の文章の師匠もすごい記録をもっていて、某大手製薬会社でのスーパー営業マンを辞めて独立してから、かれこれ7〜8年以上毎日8000字書くことを自らに課しているそうなんですよ。師匠はフリーランスでライター業や営業、婚活などのコンサルをやりながら、会議室でサーフィンを教えたり、EIN OPEN DEPARTMENT(アインオープンデパート)|週末デパート感覚の青空マーケット|アインショップなどのイベンターをしているというわけのわからん人気ブロガーなんですが、俺が、「毎日8,000字って、すごいですね。」って言うと、「いや、日曜日は休んでるで。」だってさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ズコーーーーーーーーッ!

 

f:id:themegane3:20170226165531j:image

 

 

さあさあ、こうなったらもう遠慮せずに合気道の話ばかりするけど、二年前にね。ささの葉合気会の道場長補佐に多田宏先生の写真集を勧められたのですよ。多田宏先生とは、俺の師の篠原先生の師の内田樹先生の師にあたる人なんですね。そしてなんと、多田宏先生は合気道の開祖植芝盛平先生の直弟子なのです。その多田宏先生の写真集が出るから、「絶対にこれは買いですよ!」と熱く補佐がおっしゃってたので、思わず買っちゃいましたよ。

f:id:themegane3:20170226195005j:image

しかしですね、その頃はまだ合気道に今ほどのめり込んでなかったし、多田宏先生のすごさがまったくわかってなかったのです。写真集を手にとってみた俺は、正直なところ(合気道関係者はここから耳を塞いでアーーーーッと叫んでいてくださいね。)うーむ、これは別の意味ですごい買い物をしたぞと思ったんです。だって、俺ってばグラビアアイドルの写真集ですら買ったことがないんですよ?人生で初めて買った写真集がおじいちゃんの写真集って!!どうよっ!?とか、思いながらパラパラーッとめくって、そのまま放置すること一年半以上……で、去年の秋に内田樹先生の道場で多田宏先生の講習会が行われるということで、申し込んだんですが、行く前に予習しておこうと思って、改めて多田宏先生の写真集(実際には写真だけでなく、多田宏先生のお言葉も載っている。)を手にとってみると、ドンガラガッシャーン!ゴロピカドカーン!と衝撃が俺の脳天に走ったのでした。す、す、す、す、すげーや。おいおい誰や、おじいちゃん呼ばわりしたんは?ほんま関係者に怒られるで。破門されるで、ええ加減にしときや。と、今となっては反省している次第なのであります。(はい、ここから合気道関係者は、耳からそっと手を離してもらってもいいですよ。)そして、迎えた多田宏先生の講習会に参加してから、俺の中で確実に何かが変わったのでした。これまで合気道をやっているとOSが6.0から6.1に、そして6.1.1になって6.1.2にという具合に、徐々にバージョンアップされる感覚があったのですが、多田宏先生の講習会を受けてからは、いきなり8.0にバージョンアップしたような感覚なのです。

 

f:id:themegane3:20170226193351j:image

 

もう少し分かりやすく例えるなら、両手を使って足し算をやっていた小学生が、ある時から急に暗算ができるようになっちゃったような感じです。もちろん、そこに至るまでに、指をモタモタと一本ずつ数える俺を辛抱強く指導してくださった篠原先生の存在あってこそのバージョンアップなのですが、満を持して受けた多田宏先生の講習会で、その立ち居振る舞いや言葉を直で受けることで、“ 脳みそパッカ〜ン ” 的に何かが変わったのです。とても不思議な感覚です。

 

 

 

で、買っちゃいましたよ。今度は多田宏先生のDVD『合気道技法全集』のまずは第1巻「抑技編」を!!

 f:id:themegane3:20170226193051j:image

 

 

 ぐふふふふふ。

 

 

 

 

わははははははははは。

 

 

 

 

 

 

 

なははははははははははははのはーーーーーっ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴホッゴホッゴホッ

 

 

 

 

 

あー書いた書いた。おおいに書いてすっきりしたー。

 

 

 

 

 

 

 

余は満足じゃ。

 

 

 

稽古

毎週木曜日、加古川市立武道館で合気道の稽古をしていると、隣りの道場では、いつも同じ時間帯に少年柔道の稽古をしている。

 

今日も大きな声が聞こえてきた。「お前、亀になるために来たんか?」どうやら、寝技の稽古をしている少年が集中的に怒られているようだ。「オイッ。ええかげんにせえよ。お前ほんま背中蹴ったろかー!」少年の泣きそうな鼻息が聞こえてくる。こっちも稽古中なので、ちゃんと見てないのだけど、想像するに、抑え込みに持ち込まれないように、必死にうずくまって抵抗し続けたのが、先生の逆鱗に触れたのだろう。

 

ちなみに、怒号を発しているのは女の先生だ。

 

加古川市立武道館の二面ある道場と道場の間には仕切り板なんてないので、稽古の間、こんな調子でずっと隣りの怒鳴り声が道場中に響き渡っている。こちらが静かに呼吸法をしている最中でも、御構いなしだ。

 

「もっと気合い入れんかい!」「オルァ!」「それがお前らの限界かー!」「オルァアアア!!」「ボケッーとすんなー!!」「オルルルルァアアアア!!」「泣くなら、辞めてまえーっ!」女の先生がメインで怒り、ところどころで、いかつい顔した男の先生が怒鳴り声をかぶせてくる。女の先生は、ずっと怒っているし、男の先生はとにかく威嚇し続けている。(不思議なことに、テクニカルな指導は一切しないのだ。)

 

 

それにしても、お前、亀になるために来たんか?」って、そんなわきゃあないのだが、先生にはその時、少年が亀に見えたのだろう。

 

 

だって「オイッ。ええかげんにせえよ。お前ほんま背中蹴ったろかー!」って言った先生は、きっとただのスーパーマリオのやり過ぎなのだろうから。

 

 

f:id:themegane3:20170203195228j:image

 

お前がええかげんにせえよな。

 

 

 

 

 

うるさいねん。

フラフラ

夕方から吐き気がしてフラフラするし、風邪かな早く寝ようと思ってたけど、よく考えたら今日は忙しくて昼飯食ってなかった。そんな今夜は一日遅れの誕生パーティでした。

 

昨日ついに44歳になりました。はっはー、さすがにこの歳になったら誕生日なんて、死に一歩近づいたことを実感するだけの日で、目出度くもなんともないんだけど、昨夜の合気道の稽古では、(誕生日だからというわけでなくて、誕生日だとは言ってないのでたまたま)先生の受けを取らせてもらうことができ、とても満たされたいい誕生日となりました。

 

合気道の型稽古では、まずみんなの前で先生が見本を見せ、技のポイントを解説してから、それぞれ何組かに分かれて稽古をするということを繰り返すのですが、上の級の人の中からひとりが選ばれて先生の見本の技を受けるのです。これはとても光栄なことというか、その華麗な技を、そして身体さばきを一番の特等席で見ることができるだけでなく、我が身に直接受けることができるというとてもスペシャルでプレシャスなことなのです。例えるなら、桑田投手の投球をひたすら受けることができるみたいな?ご、ごめん。俺まったく野球に関心がないので、野球に例えてみたものの、例えとして桑田が適切なのかどうかまったくわからんわ。むしろアンチ巨人の人々にとっては、まったくピンとこないよね。

 

さて話は戻りますが、受けをさせてもらうとですね、型稽古の間、休む間がないので結構たいへんなんですね。先生に恥をかかせてはいけないという緊張と、皆に見られている緊張とで、体力のない僕なんかは、体の芯から疲れて足腰フラフラになるのですが、先生の前で疲れた体たらくを見せてしまい、もしも受けを誰かに交替させられてしまっては悔しくて悔しくて眠れない夜を過ごさなければならなくなるので、あくまで平静を装い、息もなるべく乱さないように振る舞うなど、必死のパッチで頑張ったのでした。そして、何よりも嬉しくて楽しくてしょうがないので、ついついニヤニヤしてしまいそうになるのを、心の中で頬っぺたをギュウっと抓りながら必死で抑えたのでした。いや、これはもうニヤニヤが漏れてもうてたかもな。漏れてもええがなええがな。まぁそんなわけで、いい誕生日でした。イヤッホー今夜はしこたま飲むぞーっ。ハッピーバースデー俺。