合気道の木

私は、合気道の木を登っている。何十人もの大人たちが両手を広げ繋がって、ようやく一周できるくらいに太い太いその木の幹には、どこにも手がかりがなく、最初は登るためにどこへ手や足をかければいいいのか、まるで分らなかった。見上げてみると、複雑に絡み合う枝と生い茂る葉で、果たして私に登ることができるのだろうか?と不安になったが、繰り返し登る練習をしているうちに、だんだんコツをつかんできて、ある程度までは登ることができるようになってくる。何せ、登り方は師が丁寧に教えてくれるのだ。ほどほどに慣れてくると、木の幹から枝分かれして伸びていっている枝の方へ登っていくように師から促される。そこでは肩に力が入りすぎて、どうしても登れなくなってしまったり、力を入れて握ると、枝がポキッと折れてしまったりするが、いつも師は枝の先の方にいて、我慢強く私を導いてくれる。驚いたことに、この木の枝は、どこまでもどこまでも伸びていて、終わりがないのだ。いや、終わりがないというより、枝は今この瞬間も先へ先へと成長し続けているようだ。無我夢中で登っていくと、いつの間にかそこに師はいなくなっている。キョロキョロと見回してみると、(飛び移りでもしたのだろうか、)師はすでに違う枝に移っていて、「こっちへ来なさい。」と、葉と葉の隙間からニコニコ笑いかけているのだ。私は、枝から足を踏み外さないように、ゆっくりと幹の部分まで降りてから、師の登っている枝に足をかける。今度の枝は、やたら樹皮がツルツルしていて、なかなか登ることができない。しかし、見ていると師はこともなげにするすると登っていく。結局私は、その枝にまったく登ることができないままだったが、またいつの間にか、次の枝に移っている師の呼ぶ声が上の方からする。「今度は、こっちだよ。」私は、半分ホッとしながらついていこうとするが、今度の枝には棘があり、注意して登らないとならないので、やたらと時間がかかってしまう。一息ついて、頭上を見上げてみると、気が遠くなるほどに枝は続いているようで、覆い尽くされた葉で先の方までは見えない。下を見てみると、すぐそこに地面があり、思っていたほど登ってきていないことが分かり、気が遠くなると同時にひとつ武者震いをする。そして、またいつものように私の目線の先に師はいなくなっている。しばらく師を探すが、見つけられないでいると、後から登ってきた人が枝にしがみついたまま動けずにいたので、手を貸しながら一緒に登っていく。気づくと、先ほど登ることができなかったツルツルした枝のところにやってきたので、試しに登ってみる。よく見てみると、枝には蔦が絡んでいるのに気づき、それを使いながら登っていくが、いつの間にか蔦がなくなってしまう。どうしようもなくなってしまったので、落ちないように枝にとどまっていると、目の前に師の足が見えた。師が、「目を閉じて登りなさい。」と言うので、思い切って目をつぶり枝を登ると、不思議と足元が安定し登っていくことができた。急に、「さぁ、ご覧なさい。」と師が言うので、目を上げてみると、枝の間から、これまでに見たことのないほどに美しい景色が広がっていた。そして、またしばらくすると、師は隣りの枝に移っていて、するすると枝を登っていく。私は思い切って、枝から枝に飛び移り、師の後をついていく。その枝の向こうに広がる新しい景色を見るために・・・。

広告を非表示にする