読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おもろない

最近、合気道にハマりすぎて、まったくブログを更新しなくなってしまっていたのですが、こないだ、文章を書くことの師匠に会ったら「おいタカシ!ブログ書けよな!」と怒られてしまいました。そして、「なんやねん。たまに書いたと思たら、おもろないし。」と続けて言われてしまったのです。

 

お、おもろない?この俺がおもろないだと?

 

くっそう、俺がこの世の中で一番言われたくない言葉だ。悔しい。悔しいけれどこれは、俺が完全に悪い。でもその言葉は、師匠の俺に対する期待値が高いからに違いないと思い直すことにしました。

 

そもそも、どうして最近書いていないのかというと、これまでブログのネタにしていたような、しょうむないことを考えていた時間をほとんどすべて合気道のことを考えることに充ててしまっているのが原因だと、はっきり自覚しているのです。ネタ帳には、ブログ用の小ネタではなく、新しく覚えた合気道の技の手順がひたすらメモられている……3月に昇級審査が控えているということもあるのですが、最近、これまでより技や身体の動かし方への理解が進んできたこともあって、楽しくってしょうがないのです。そして、分かってくると同時に、自分の持っている癖や硬さがなかなかとれないのがもどかしくて、ガムシャラに合気道の稽古をしては、日々頭の中でイメージトレーニングを繰り返しているのです……とか言いながら、また合気道のことばかり考えてしまいました。いかんいかん。今日は合気道のことは抜きにして、Joeシッタカーならではの切り口で、思いっきり書いてやろうと思ってるんですよ。

 

さて何の話をしてやろうか。鉄板の双子ネタか?わー、あるなー。話したいネタがいっぱいあるなー。中学校のテニス部時代の話とかなー。顧問の野々村先生のこととかねー。そういや薪割りの話題もあるなー。俺が指導した宮沢りえちゃんの薪割りCMの反響とかなー。いわゆるアフターりえちゃん問題がねー、あるよねー。

f:id:themegane3:20170226182251j:image

新しいバンドでやったライブの話もあるよねー。最近、めちゃくちゃイラついたあの話もあるしなー。あとバイクの話も溜まってるわなー、今年の俺のエンデューロレースへの意気込みとかあるわー。話題がつきへんわー。そういえば、そもそもバイクを上手くなりたくて合気道を始めたんだよね。身体の使い方が下手くそで、怪我ばかりしていた俺を見た友人に勧められたのがきっかけだったんですよ。

 

最初のうちは、何が何やら分からなかったというのが正直な感想なのですが、続けているうちに少しずつだけど身体がバージョンアップしていくような感覚を感じたんですね。なんといっても合気道は、「できた!」と思った次の瞬間、何も分からなくなってしまうようなことが度々あるのです。つまり、あるひとつの技について手順だけ覚えたところで、更に新しい解釈や別のレイヤーでの身体操法が扉を開けて待っていて、修練の道には終わりがないのです。瞬間的に、「できた!」と思ってもそれは過去の自分にできなかったことができただけで、そこから更にたくさんのできないことが目の前に広がっていくのです。そうなったらもう、合気道の尻尾を掴むのに夢中になっちゃうんですよ。こないだも、稽古が終わったあと、更衣室で一級上の先輩と、道着を脱ぎなが……ハッ!!

 

ごめんなさい。ついつい、合気道の話になってしまいました。今日は合気道のことは忘れて、おおいに語ってやろうじゃあないかという意気込みですよ。もし、俺が部長なら「わははははー、今日は無礼講じゃあー。」って言ってますよ?最初から芋焼酎のロックですよ。酔っぱらって油断して、気安くしてくると、「君のそういうところがだね。」と、くどくど説教が始まるところでしたよ?ったく、良かったよね俺がまだ係長で……そうそう、こないだふと思ったんですよね。「母親である前に一人の女なのよよよよ。」は、ドラマなんかでよく女性が泣き崩れながら使って、同情を誘ったりするんだけど、「父親である前に一人の男やねん。」は使えんよね。どっちの言葉が放たれた場面も、男にとって分が悪いことしか思い浮かばないんだよね。「一人の男やねんねんねん。」と、泣き崩れても誰も同情しないよ。これ読んでる父親諸君は悪いことしちゃダメよ。それにしてもこの頃、俺なんてちょっと悪いこと言ったりしたら、小1の娘にすぐ、「パパ!!先生に言うよ!!!」って言われるんだよね。こないだも、台所に立つ妻の後ろを通りぬけるときに、狭かったもんだから、「ちょっと痩せてもらってもいいかな?」って冗談で言ったら、たちまち娘が飛んできて、「私のママに何てこと言うのよー。絶対に篠原先生に言うからっ!」って怒ってくるんですよ。あ。そうそう、篠原先生ってのは、“ささの葉合気会 合気道道場 神戸(王子)・西宮・尼崎・加古川・芦屋”を主催している俺の合気道の師なんですが、合気道が好きすぎて一年間に900回稽古をしたという記録をもってるんです。すごくないですかこれ。一年は365日しかないんですよ?平均して一日当たり2.5回の稽古をしてるんですから。ところが俺が、「一年間で900回って、すごいですね。」と言うと、先生は「稽古は回数じゃないですよ。」とおっしゃられるんです。例えば100回の稽古を3か月でやるより、100回の稽古を1年以上かけてやったほうが、より身に付くというのです。いやん。先生ったら謙虚やわー。かっこええわー。そういや、俺の文章の師匠もすごい記録をもっていて、某大手製薬会社でのスーパー営業マンを辞めて独立してから、かれこれ7〜8年以上毎日8000字書くことを自らに課しているそうなんですよ。師匠はフリーランスでライター業や営業、婚活などのコンサルをやりながら、会議室でサーフィンを教えたり、EIN OPEN DEPARTMENT(アインオープンデパート)|週末デパート感覚の青空マーケット|アインショップなどのイベンターをしているというわけのわからん人気ブロガーなんですが、俺が、「毎日8,000字って、すごいですね。」って言うと、「いや、日曜日は休んでるで。」だってさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ズコーーーーーーーーッ!

 

f:id:themegane3:20170226165531j:image

 

 

さあさあ、こうなったらもう遠慮せずに合気道の話ばかりするけど、二年前にね。ささの葉合気会の道場長補佐に多田宏先生の写真集を勧められたのですよ。多田宏先生とは、俺の師の篠原先生の師の内田樹先生の師にあたる人なんですね。そしてなんと、多田宏先生は合気道の開祖植芝盛平先生の直弟子なのです。その多田宏先生の写真集が出るから、「絶対にこれは買いですよ!」と熱く補佐がおっしゃってたので、思わず買っちゃいましたよ。

f:id:themegane3:20170226195005j:image

しかしですね、その頃はまだ合気道に今ほどのめり込んでなかったし、多田宏先生のすごさがまったくわかってなかったのです。写真集を手にとってみた俺は、正直なところ(合気道関係者はここから耳を塞いでアーーーーッと叫んでいてくださいね。)うーむ、これは別の意味ですごい買い物をしたぞと思ったんです。だって、俺ってばグラビアアイドルの写真集ですら買ったことがないんですよ?人生で初めて買った写真集がおじいちゃんの写真集って!!どうよっ!?とか、思いながらパラパラーッとめくって、そのまま放置すること一年半以上……で、去年の秋に内田樹先生の道場で多田宏先生の講習会が行われるということで、申し込んだんですが、行く前に予習しておこうと思って、改めて多田宏先生の写真集(実際には写真だけでなく、多田宏先生のお言葉も載っている。)を手にとってみると、ドンガラガッシャーン!ゴロピカドカーン!と衝撃が俺の脳天に走ったのでした。す、す、す、す、すげーや。おいおい誰や、おじいちゃん呼ばわりしたんは?ほんま関係者に怒られるで。破門されるで、ええ加減にしときや。と、今となっては反省している次第なのであります。(はい、ここから合気道関係者は、耳からそっと手を離してもらってもいいですよ。)そして、迎えた多田宏先生の講習会に参加してから、俺の中で確実に何かが変わったのでした。これまで合気道をやっているとOSが6.0から6.1に、そして6.1.1になって6.1.2にという具合に、徐々にバージョンアップされる感覚があったのですが、多田宏先生の講習会を受けてからは、いきなり8.0にバージョンアップしたような感覚なのです。

 

f:id:themegane3:20170226193351j:image

 

もう少し分かりやすく例えるなら、両手を使って足し算をやっていた小学生が、ある時から急に暗算ができるようになっちゃったような感じです。もちろん、そこに至るまでに、指をモタモタと一本ずつ数える俺を辛抱強く指導してくださった篠原先生の存在あってこそのバージョンアップなのですが、満を持して受けた多田宏先生の講習会で、その立ち居振る舞いや言葉を直で受けることで、“ 脳みそパッカ〜ン ” 的に何かが変わったのです。とても不思議な感覚です。

 

 

 

で、買っちゃいましたよ。今度は多田宏先生のDVD『合気道技法全集』のまずは第1巻「抑技編」を!!

 f:id:themegane3:20170226193051j:image

 

 

 ぐふふふふふ。

 

 

 

 

わははははははははは。

 

 

 

 

 

 

 

なははははははははははははのはーーーーーっ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴホッゴホッゴホッ

 

 

 

 

 

あー書いた書いた。おおいに書いてすっきりしたー。

 

 

 

 

 

 

 

余は満足じゃ。