読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある音について

LUMBERJACKSが活動を始めてからこの春で4年が経つ。幸いにして僕は設立当初から参加している(もし途中からだったとしたら、とてもじゃないけど非凡人たちに圧倒されて、今の僕のポジションはなかっただろうと思う)のだけど、ところどころでこういう音が聞こえることがある………。

“ カチリ ”

それはどこか遠くの誰も知らない森の地中深くにある清潔な地下室に設置された大きな大きな装置のようなものが、 “カチリ ” と音を立てる音。続いて装置からあちこちに向かって伸びているバルブの弁から、蒸気が静かに吐き出されていく様子が目に浮かぶ。頭上に並ぶたくさんの歯車が、上下左右に騒然と入れ替わってから、歯車が所定の位置へ収まるや否や、装置のピストン部に新たな振動が加わって徐々に歯車の回転数が上がってゆく。今やその装置は、2年前よりも3年前よりももっと力強く動いている。地上にいる動物たちは何も気づかないままでいるが、僕らにはそれが分かる………つまり、“ カチリ ” という音はLUMBERJACKSが次のステージへ進んだときの音なのである。それは活動の場が広がっていくときであったり、新しい構想が持ち上がったときであったり、様々なスキルを持った人達と出会うときであったり、そんな人達の生き方・考え方に感銘を受けるときであったり、自分自身のOSが以前よりも明らかにバージョンアップしているのが実感できたときであったりする。ワクワクしたり、いい予感がしたりするときでもあるのだけれど、結成から4年が経つ今年は、まさに様々なパーツも揃い、いよいよ機が熟してきたなという感じがすごくしている。ゴゴゴゴゴゴゴゴーッという音と共に、森の地下からあの大きな大きな装置の全貌が地上に姿を現す日も近いのではないのか?そして、僕自身にも転機がやってきているのかもしれない。(追い風と共にプレッシャーも感じている。)

名称も「LUMBERJACKS加古川」から「LUMBERJACKS」へ変わります。

もちろん変わるのは、名前だけではありません………おっと、今日はここまで!とにかく2016年のLUMBERJACKSに乞うご期待を!!そして、既にメンバーの皆さんは、“ カチリ ” という音を聞き逃さないように!!




あとですね。前回僕の書いた記事が、「パワハラではないのか?」という嫌疑をかけられており困っております。


まさか!そんな!つもりはない!のですが……すぐムキになる僕の頭から  “ カチリ ” じゃなくて “ カチン ” という音が聞こえてきたときは、スタコラサッサと逃げるようにしましょう。

f:id:themegane3:20160126194726j:image

おしまい。