読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【イラッ】薪割りインストラクター

薪割りワークショップで薪割りのインストラクターをやってると、腕に覚えのあるおっさんが出しゃばってくることがちょくちょくある。

昔から出しゃばりな奴が嫌いな私にとって、これはかなりイラッとくることだ。

おっさんは、自分も薪割りを教えたくて教えたくて仕方がないのだ。

まず遠巻きに見ていたそのおっさんは、薪割りワークショップに参加している人のフォームや力加減に、ちょいちょい注文をつけだす。

「あかん。そんなんではあかん。」


(イラッ)


「そんなんで割れるか?」


(イライラッ)


「もっと斧を上まで振り上げんとあかんな。」


(イ、イライライラッ!!)




さてタカシの怒りが頂点に達したところで、なぜこういうことがちょいちょい起こるのかを説明しよう。実は……初めて薪割りをする参加者で、明らかに斧を怖がっている人に対しては、本式の割り方を教えていないのだ。

そういう参加者に対しては、いかにして恐怖心を取り除いてあげることができるかということにつきる。どうしたら安全で且つ確実に丸太に斧が命中することができるようになるかということにポイントを絞り、斧の振り方を教える。恐怖心がなくなってきて、狙ったところに斧が落ちるようになってきて初めて、肩の力が抜け、必要なところに力が入るようになる。そこでやっと本式の割り方を教えることができるのだ。(キラーン☆)



おっさんにはそれが分からないので……

「斧の振り方がなってないな。」

と思いながら見ているのだ。だから思わず口を出したくなる。そして教えたくなるのだ。

いや教えたいというか、基本的に口出ししてくるおっさんは、みんなの前でええカッコしたくてしょうがないのだ。

そりゃあその気持ちは分かる。私にだってええカッコしたくなるときはちょくちょくある。










でもな、今はおっさんの方が違うねん。






私がまったく相手にしないので、ここらへんでアドバイスするのを諦めてくれるおっさんもいる。しかし、相手にされないことで、逆に気分が高揚してくるおっさんもいる。

おっさんは、じわじわと私たちがいる割り台との距離をつめてきて、更に大きな声でそのフォームや力加減にアドバイスを繰り返すのだ。

「ほれもっとしっかり振らんかい。」

気がついたらおっさんは、すぐ側に来ていて、私と同じ立ち位置にいる。この手のおっさんは、ついには口だけではなく手も出してくるのだ。








「わしに斧、貸してみい!」





みなさんにお願いです。

こういうおっさんを見かけたら、どうか黙らせてください。




薪割りインストラクターへの道は、


つづく……