眼鏡のソムリエ

お気に入りの眼鏡に、そろそろ買い替えの時期がやって来ている。そこで四年ぶりに、高松市の眼鏡屋augen optik(元藤澤眼鏡店)へやって来た。実は十八年前から、眼鏡を買うときはここで買うと決めて通っている。 店内をぐるりと回りながら、二つほど手に取っ…

依存性

子供達も寝静まり、撮り溜めていたお笑い番組をダラダラと見ていたら、お風呂を出た妻が、バタバタと慌てた様子で、玄関から外へと出て行った。 毎度マンネリな、お笑い芸人のキャスティングにウトウトとしていた僕は、その音と気配に、ハッと目を覚ました。…

合気道の木

私は、合気道の木を登っている。何十人もの大人たちが両手を広げ繋がって、ようやく一周できるくらいに太い太いその木の幹には、どこにも手がかりがなく、最初は登るためにどこへ手や足をかければいいいのか、まるで分らなかった。見上げてみると、複雑に絡…

美しすぎる合気道家

僕の通う “ ささの葉合気会 ” には、美しすぎる合気道家と囁かれるK乃さんがいる。同じ道場で稽古していると、その美しい袴姿にハッとされられる。昨日の掛かり稽古では3回、このK乃さんと組んだ。掛かり稽古とは、まず師が見せてくれる技の手本の後に、2〜4…

おもろない

最近、合気道にハマりすぎて、まったくブログを更新しなくなってしまっていたのですが、こないだ、文章を書くことの師匠に会ったら「おいタカシ!ブログ書けよな!」と怒られてしまいました。そして、「なんやねん。たまに書いたと思たら、おもろないし。」…

稽古

毎週木曜日、加古川市立武道館で合気道の稽古をしていると、隣りの道場では、いつも同じ時間帯に少年柔道の稽古をしている。 今日も大きな声が聞こえてきた。「お前、亀になるために来たんか?」どうやら、寝技の稽古をしている少年が集中的に怒られているよ…

フラフラ

夕方から吐き気がしてフラフラするし、風邪かな早く寝ようと思ってたけど、よく考えたら今日は忙しくて昼飯食ってなかった。そんな今夜は一日遅れの誕生パーティでした。 昨日ついに44歳になりました。はっはー、さすがにこの歳になったら誕生日なんて、死に…

んなアホな

母の大きく膨らんだお腹を見て、周りの人たちに「双子ちゃうの?」と言われたこともあるそうだが、医者からは「ひとりですよ。」と診断されていたので、何の準備もしてなかったそうだ。くっきりはっきりとお腹の中の赤ちゃんが男なのか女なのかまで分かるエ…

思い出のカセットテープ

この頃、カセットテープが流行りなのか?僕の好きなアーティストが続けて、カセットテープで作品を発表した。実は僕は、カセットテープには、特別な思い入れがあるので、これは黙ってられない!と、こうしてペンをとったわけなのです。 恥ずかしながら僕は二…

魚突きと、あるピンチについて

水中で圧倒的に自由に動ける魚を、人間がヤスを片手に追いかけるという行為は、魚にとってのアドバンテージが大き過ぎる。水中で圧倒的に不自由な人間は、水中で魚を見つけたら、迷う間もなくすばやく、ヤスを放たなければならない。しかし、あいつらときた…

夏のシッポ

ようやく涼しくなってきましたが、そうなるとこれはこれで、行ってしまおうとする夏に未練を感じたりするわけです。そんな夏のシッポをしつこく追いかけて、再び奈良県の東吉野へアユ突きに行ってきました。ハリキッて行ったものの、こないだに比べて水量が…

息子からの挑戦状

8月の終わりに、ランバージャックスの川遊びイベントがあり、東吉野村の高見川で解禁された鮎突きに家族で行ってきた。 ランバージャックスに加入してから、岡本兄弟に教わって、ここ4年間は毎夏、中辺路や夢前などの川で、ヤスを使った魚取りにチャレンジし…

宣誓

肉体労働系プータローを辞めてサラリーマンになった1999年頃からおよそ15年間、ほとんどの休日を室内でおとなしく過ごしてきた。(もっぱらの趣味は読書と映画鑑賞でした。)そのくせに、3年ほど前から、ええ年こいてダートバイクや合気道や林業やその他なん…

ゾロ目について

ある市営体育館のロビーで合気道の稽古が始まるまでに時間があったので、たまたま会員証の出席表スタンプを数えてみたら、99個押してあった。てことは今日で、お稽古100回目ってことだ。100回目だからって、別になんてことはないのだが、なんだかこういうの…

イライラについて

タカシはイライラしていた。なぜなら、この頃やっといくつかの技を覚えられるようになってきて、合気道の楽しさが分かってきたというのに、同期のKが毎週のようにいろんな知り合いを連れてくるのだ。見学者が来るたびに基礎練習に割く時間が増えて、技の稽…

闘争心を奮い立たせた結果について

4/10(日)にテージャスランチ広島で、なけなしの闘争心を奮い立たせてエンデューロレースに出場してきました。[広大な牧場を含む山の中がレース会場です。難しかったですが、最高のシチュエーションでした。]途中、大きなミスを何度かしてしまい、悔しさもあ…

闘争心について

昔から僕には闘争心がない。これは持って生まれた性格なのだろうか。43年前の吐く息も白くなる1月の中頃に、僕はオギャアとこの世に生を受けた。そう、僕が早生まれで身体も小さかったことで、昔から同級生には、何をしてもかなわなかったこともその要因のひ…

緊張感について

ものすごい緊張感だった。3月20日(日)12:30 全日本クロスカントリー選手権「サザンハリケーン」の戦いの火ぶたが切られた。 AA1クラスの猛然としたスタートを見た我々は、あわてて丸太セクションへ駆け寄った。全長約6.5kmに及ぶコースの最後にレイアウト…

受け身について

合気道の稽古をやっていて、何度か言われたことがある。「トージョーさんって、受け身ウマいですよね。」受け身を取っている姿を自分では見れないので、よくわからないのだが、きっと稽古で習ったことを実践する場が僕にはあるからだろうと思っている。つま…

ある音について

LUMBERJACKSが活動を始めてからこの春で4年が経つ。幸いにして僕は設立当初から参加している(もし途中からだったとしたら、とてもじゃないけど非凡人たちに圧倒されて、今の僕のポジションはなかっただろうと思う)のだけど、ところどころでこういう音が聞こ…

キコリの話

LUMBERJACKSでは薪割りに関する作業に対して、その労働対価としてキコリが支払われます。一時間当たり100キコリです。そのキコリという名の通貨を使って我々は薪を手に入れることができるんです。簡単にいうとそういうシステムなんですね。(キコリには他に…

引退宣言

しばらくオフロードバイクにうつつを抜かしている間に、俺が「薪割りを引退した。」というような噂が、薪割り結社ランバージャックス加古川の一部メンバー間で流れていたようです。実はこれまで、時間があればいそいそと薪割りをしていたのですが、今はそれ…

【続・安心感】薪割りインストラクターへの道

僕は、倉庫に仕舞っていた斧を引っ張り出してきた。先端部分が少し錆びてはいるが、立派な和斧だ。 僕はまず、割り台となる太めの丸太を置き、その上に適当な大きさの丸太を置いてみた。 おおっ! こ、これは…… 絵になる!! すかさず僕は斧をその丸太の横に…

【安心感】薪割りインストラクターへの道

こんにちわ。薪割りインストラクターのジョーシッタカーです。 今回のテーマは「安心感」でお送りします。 みなさんは、初めて薪割りをやったときのことを覚えていますか?僕は11年前、自宅に薪ストーブを入れたときに、父から、昔おじいちゃんが使っていた…

【1.5kg】薪割りインストラクターへの道

これまで、薪割りをするとき、斧は持ち上げるものだと思っていました……。 ところが先日、古武術家の“甲野善紀”先生に薪割りを教えていただける機会があり、そこで先生に身体の捌き方を教えていただいたとたん…… 斧を持ち上げるという感覚がまったくなくなっ…

【イラッ】薪割りインストラクターへの道

薪割りワークショップで薪割りのインストラクターをやってると、腕に覚えのあるおっさんが出しゃばってくることがちょくちょくある。 昔から出しゃばりな奴が嫌いな私にとって、これはかなりイラッとくることだ。 おっさんは、自分も薪割りを教えたくて教え…

野焼きについて調べてみた

ランバージャックス加古川は薪割り結社です。40数名いるメンバーの中でも一番、火を見るのが好きな稲美町のKさん(42才)は、年に366日 ……いや368日もBBQをやっているような人 ……田舎の広い自宅のあちこちに、BBQ台や釜戸や囲炉裏を設置して、雨が降ろ…

騒音について調べてみた

最近、ランバージャックス加古川の本社でチェーンソーを使っていると、近所から苦情が出るらしいですね。 建築士の島崎先生のご両親宅の薪ストーブの煙への苦情(※1)といい、ぼくら街場薪ストーバー(※2)にとっては、色んな苦情への対処法を身につけてお…